ノスタルジックな雰囲気の新屋公民館 ナトコ映画って?

Pocket
LINEで送る

我が家の子供らも、習字の教室などでお世話になっている新屋公民館ですが、昔の木造校舎を思わせる、なんともノスタルジックな雰囲気を持っています。

新屋公民館1

新屋公民館 横から

 

戦後まもない1951年(昭和26年)に建築された木造平屋の建物で、国登録有形文化財に指定されています。中は板間で、だだっ広く、柱が無いホールのような構造になっています。実は、この新屋公民館にはなんと映写設備が備わっています。なぜかと言うと、この公民館が建設された当時、ここでナトコ映画が上映されていたからのようです。

ナトコ映画とは、GHQの民間情報教育局(CIE)が日本人に対して占領政策の一環である民主化促進プログラムとして制作した教育映画です。内容は、アメリカの自然や文化生活の様子などを紹介する教育的、啓発的なものが多かったようだが、中には反共的なものもあったようです。当時は娯楽がなかったので、映画ということで、みな喜んで見たようです。ナトコ映画を見て、当時の子供らは、アメリカびいきになったらしいから、それなりにアメリカ賛美の洗脳効果はあったって事でしょう・・・。

いずれにしても、歴史のある建物が現在でも普通に使われている事は素晴らしく、新屋公民館は僕のお気に入りです。(^^)

新屋公民館とその前の道祖神と大黒天

新屋公民館とその前の道祖神と大黒天

新屋公民館正面

新屋公民館正面

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ