WordPress備忘録 HPのトップページ制作

Pocket
LINEで送る

トップページを作る方法は2つあるようです。home.phpというファイルを作ってトップページとして読み込ませる方法と、予めトップページ用に作った固定ページをダッシュボードの設定⇒表示設定から、トップページとして指定する方法です。

あとあと、気楽に編集できる事を考えて、僕は固定ページをトップページに指定する方法を選びました。それにphpファイルには抵抗があるので、出来るだけ、触りたくないですし・・・。(笑)

ここで、固定ページをトップページに指定すると、その固定ページのタイトルが表示されてしまいます。これは、あまりカッコよくないので、以下をスタイルシートに書き込んで、タイトルが非表示になるようにしました。

.page .entry-title {
    display: none;
}

これで、後は、トップページ用の固定ページを編集していけば良いわけですが、問題が一つ出てきました。このサイトのトップページで言うと、例えば、ブログに投稿した画像がサムネイルで並んでいる部分です。この部分の記述は以下のようになっています。

<ul>
<?php query_posts('cat=4&showposts=15');
if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>
<li>
<a href="<?php the_permalink(); ?>" >
<?php the_post_thumbnail(array(214,214)); ?>
</a>
</li>
<?php endwhile; endif; wp_reset_query(); ?>
</ul>

ご覧の通り、phpが入っちゃってます。phpは、固定ページには直接書き込めません。

そこで、「Page Builder by SiteOrigin」というプラグインと、「PHP Code Widget」というプラグインをインストールしました。

「Page Builder by SiteOrigin」は、ページを好きなレイアウトに出来て、そこに好きなウィジェットを追加できるプラグインです。しかもレスポンシブルと、なかなかの優れものです。「PHP Code Widget」は名前の通り、ウィジェットにPHPが記述できるプラグインです。

「Page Builder by SiteOrigin」でレイアウトに「PHP Code Widget」を配置して、そこに上記のようなPHPを記述するって感じです。これで、簡単に、固定ページにもPHPが書き込めます。(^^)

「Page Builder by SiteOrigin」と「PHP Code Widget」は、ともに、とても有名なプラグインなので、使い方等は、検索して頂ければ、沢山、出ていると思います。(^^)

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ツールバーへスキップ