有明山神社の手水舎をシネマグラフに

Pocket
LINEで送る

一昨日は、御宝田遊水池のカモの動画を使って、GIMPでのシネマグラフの作り方を書いてみたんですけど、その続きってわけでもないんですが、今日は有明山神社の手水舎をPhotoshopを使ってシネマグラフにしてみやした。

落ちてくる水と、そのすぐ下の水面だけを動かしてみましたけど、動かないように固定された水面の方が凍ってるように見えておもろいです。普通に写真に撮れば、ちゃんと水に見えるのに、一部分だけ動くと凍って見えるわけで、人間の目っておもろいっすね!!(^^)

やってみて思ったのは、やはりGIMPに比べるとPhotoshopの方が、書き出されるGIF画像の画質が格段にいいってことです。まあ、昔はGIMPではGIFが扱えなかった事を考えると、アニメーションGIFまで作れるようになっちゃってるんで、フリーソフトだし、文句は言えないんすけどね・・・。(^^;

 

有明山神社の手水舎のシネマグラフ

 

それと、最初は紙垂が風に揺れていたので、その動きも入れようと思ったんですけど、所詮、スマホを気合いで動かないようにして撮っても、背景がぶれちゃっていて、そこの動きまで入れるのは断念しました。やはり、まともにやるなら、三脚で固定して撮影しないと駄目っすね・・・。(^^;

ちなみに紙垂(しで)ってのは、よく注連縄とかについてる白い紙のことで、この画像の左上のところにぶら下がっている白い紙のことです。(^^;

実は、上の画像では、落ちてくる水の動きを少し、ゆっくりにしてあります。そのままよりは、少しゆっくりの方がシネマグラフとしては、おもろいのかなと思ったんですけど、どうなんすかね・・・。

下の画像が、本来の落ちてくる水の動きでやんす。

有明山神社の手水舎のシネマグラフ

 

まあ、そのうち気が向いたら、三脚を使って、まともなシネマグラフにチャレンジしてみたいとは思ってますけど、たぶん、めんどくさがりの僕の事なんで、やらないんだろうな~・・・。(笑)

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ツールバーへスキップ