ハルゼミの抜け殻と油川の流れの中に咲くフランスギク

Pocket
LINEで送る

今日は、少しだけ散歩に出たくらいで、ほとんど出歩かなかったので、あまり、写真を撮る機会がなかったんですが、散歩途中で、ハルゼミの抜け殻と、油川の流れの中の石の上にへばりついて咲くフランスギクの花を撮ってみました。

ハルゼミは、ある程度の規模の松林に棲息していて、そこから外には出て行かず、普段は高木の梢にいるので、声は聞こえても、あまり姿を見かけない蝉です。最近は数を減らしているそうですが、こちらでは、この時期、あちこちで鳴き声が聞こえますし、松林の中で松の木を注意して見ると、あちこちの松の幹にハルゼミの抜け殻を見る事ができます。ハルゼミ自体は、以前投稿のこちらのページにアップしているので、興味のある方はご覧下さい。

 

ハルゼミの抜け殻

ハルゼミの抜け殻

 

油川の流れの上に少しだけ顔を出している石の上にへばりついて咲くフランスギクの花。植物って、種が落ちた場所の文句を言う事もなく、そこでベストを尽くして、こうして花を咲かせるわけですから、凄いですよね!!

油川の流れの中に咲くフランスギクの花

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ