夏の小岩嶽城址公園

Pocket
LINEで送る

軽い運動を兼ねて、小岩嶽城址の、のろし展望台まで、登ってきました。

小岩嶽城は武田軍との激戦の末に落ちた悲劇の城でごぜーます。

駐車場の脇に建つ模擬門。

小岩嶽城址 模擬門

小岩嶽城址 模擬門

 

上の模擬門のすぐ近くにある看板には、次のような説明が書かれています。

小岩嶽城址について
当城は、中世の古厩(ふるまや)郷の領主古厩氏の宿城と考えられ、城域は、今の子岩岳集落も含めた広範囲とされ、現在も集落内には空堀の一部と地割が見られます。また、本郭は約1平方キロメートル、その平は南北135メートル、東西40メートル、北に天満沢、南に富士尾沢と空堀を控えた自然の要害です。
全面に三段の郭、山頂に至る間にいくつかの帯郭。堀切を設け、水源もあり矢竹も自生し、峯の物見は安曇野を一望に収める有名な山城です。
高白斎記によると、天文20年(1551)10月27日武田晴信の軍勢に攻められ、放火されました。翌天文21年8月12日の激戦で城主は自害し、8月14日落城しました。この時の戦いの様子は、勝山記(妙法寺記異事ナシ)に「打取ル頚500余人、足弱(婦女子・老人のこと)取ル事数ヲ知ラズ。」と悲運な最期がしるされています。

この説明にもあるように、武田信玄の軍と激闘の末、悲運な最期を遂げたお城なわけですけど、看板の説明の最後の「打取ル頚500余人、足弱(婦女子・老人のこと)取ル事数ヲ知ラズ。」という一文からも、相当、凄惨な光景が展開されたと思われます。

看板の説明にもある天文21年8月12日の激戦で城主の古厩盛兼は自刃。その後、古厩氏は武田氏に降伏・出仕します。武田氏滅亡、本能寺の変の後、旧領回復に乗り出した小笠原氏に古厩氏は従っていたようですが、天正十一(1583)年に、古厩氏は「逆心」を企てたとして松本城内で成敗され、その頃、小岩嶽城も廃城になったようです。

のろし展望台

小岩嶽城 のろし展望台

小岩嶽城 のろし展望台

 

のろし展望台からの風景

小岩嶽城 のろし展望台からの風景

 

この小岩嶽城の物語は、戦った相手が強大であり、その相手に対して、なかなか引かず強かった事、そして、最期は悲劇的である事から、個人的にはなんか八面大王伝説とかぶるものを感じやす・・・。(^^;

小岩嶽城戦没者の慰霊碑。合掌・・・。

小岩嶽城戦没者の供養塔

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ