巨大な親鸞聖人の像と笹川流れ 日本一のカルト温泉に浸かりたかったって話

Pocket
LINEで送る

昨日は、国の名勝天然記念物の笹川流れを見てみようと、新潟市から村上市に向けて走っていました。途中、胎内市では、昨日の投稿のように海底油田の施設が見えたり、巨大な風車が延々と海岸沿いに立ち並んでいたりと、けっこうテンションが上がっとりました。

砂防林の向こう側で回る風車の大きさは、ちょっと異様さを感じてしまうほどの迫力でしたが、そんな風車のインパクトを消し飛ばすかのように、走っていると、突然、高さ40mの巨大なオッサンの像が出現します。巨大な観音様の像は、各地で見かけますが、こんなオッサンの巨大像は初めてでした。あまりのインパクトに、思わず車を停めてしまいやした。(^^;

越後の里親鸞聖人総合会館

巨大親鸞聖人の像

越後の里 親鸞聖人立像

車を停めて看板を見ると、「越後の里」という宗教法人の親鸞聖人の像である事が、すぐ分かりました。しかし、門の所からは立ち入り禁止になっていましたし、どう見ても、荒れ果てた雰囲気で、放棄された宗教施設って感じでやんした。宗教施設独特の怪しさ満開の雰囲気だけど、それでも、これだけの施設を放置って、もったいないな~、なんて思いながら写真を撮っていると、上の写真のずっと左手の方から、数人の若いお兄ちゃんらが、出てくるではありませんか!!

なんだ!放棄された施設ではなかったのかと、お兄ちゃんらが出てきた方へ移動して見ると、「越後の里親鸞聖人総合会館西方の湯」とあり、どうやら、この宗教法人が経営している温泉施設のようでした。しかし、その入り口の雰囲気たるや、怪しさ満開で、この時には、入ってみようという発想どころか、入口の写真を撮るということすら考えませんでした。

戻ってきてから、あの施設はなんだったのだろうかと調べて、初めて知ったのですが、お湯が日本一臭いカルト温泉として、温泉マニアの間では、かなり有名な温泉だったようです。そんな、けったいな温泉だったら、何としてでも入ってきたかったと後悔しきりでごぜーます。まっ、次回、新潟に行った際、時間があれば、是非、トライしてみたいと思っとります・・・。(^^;

日本一のカルト温泉『西方の湯』 – Naverまとめ

この施設を後にして、いよいよ目的地だった「笹川流れ」へ。笹川流れは、美しい海の代名詞と言われる見事な景観を誇る延長11キロメートルの海岸でごぜーます。実際に素晴らしい景観ですし、海の水も透明に澄んでいて綺麗でしたが、とにかく、溢れかえる海水浴客で、駐車場も道沿いも車を停める場所が全くといっていいほど無くて、ほとんどのビーチに下りる事ができませんでした。写真は、そんな中で、それほど人気の無いビーチのようで、かろうじて、車を停められた場所で撮ったものです。ここも、また、海水浴シーズンでない時に、再トライ出来ればなんて思っていますが、まっ、なかなか、ここまで行く機会は無いんでしょうね・・・。(^^;

笹川流れ

笹川流れ

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ