深い霧に包まれた朝

Pocket
LINEで送る

今朝の安曇野は深い霧に包まれとります。
アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)の入口辺りが、ちょうど霧の境になっていて、そこから上は常念岳クッキリの青空で、下が真っ白けの世界って感じでちょっとおもろかったです。きっと、長峰山あたりに上ったら、今朝は見事な雲海が見られたんじゃないかな・・・。

安曇野は秋から冬にかけて霧が多く発生する場所です。
放射冷却により、地表面から放射された熱で上空ほど気温が高くなって逆転層が形成されると、地表付近の水蒸気が凝結されて放射霧が発生します。また、あちこちを流れる川や用水路では、暖かい水面から蒸発している水蒸気が、上の冷たい空気によって冷やされて蒸発霧が発生します。こんなふうに安曇野は霧が発生する条件が整った場所なんですよね。(^^)

写真は家の近くの霧に包まれた有明です。それにしても、既にかなり冷え込んでおり、ちょっと車の外にでて写真を撮ってるだけで、一気に体が冷えてきます。そんな中、子供たちは登校のため、元気に走ったり、歩いたりしていたのだ。子供は元気でいいのだ!!(^^)

 

霧に包まれる有明1

霧に包まれる有明2

霧の中、元気に登校する子供たち

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ