マタタビとウラジロマタタビ

Pocket
LINEで送る

ニャンコが大好きなマタタビですが、この時期、山に入ると、妙に目立ちます。マタタビが花を咲かせる少し前くらいから、葉が白くなります。マタタビが生い茂っているのを遠くから見ると、真っ白に花が咲いているのかと思うほどです。近くで見ると、写真のような白いペンキでもかかったような感じです。

これは斑入りなわけではなく、裏を見れば、ちゃんと緑色だし、白いところも傷をつけると、緑色になります。つまり葉緑体がしっかり備わった普通の葉なわけです。葉の表皮と葉肉の間に光を乱反射する組織があるようで、それによって白く見えるらしいです。この白い葉っぱはやがて緑色になっていくんですが、なんだか、不思議ですよね。花が咲く前から、虫たちに、その存在をアピールするために白くなるとか、いろいろと説はあるみたいですが、理由はマタタビのみぞ知るってところでしょうか・・・。

この葉の下にマタタビの花がつくんですが、覗いて見ると、まだ、蕾でやんした。マタタビは雌雄異株でキウイの仲間です。花もキウイによく似ており、甘い香りがします。

3枚目の写真の花は、あっ、花が咲いてるのもある!と、一瞬思って撮ったものです。マタタビによく似ていますが、雄蕊の葯の色が黒色です。マタタビは葯が黄色ですし、同じように葉っぱが白くなっても、雰囲気は違いやす。これも、マタタビの仲間ではありますけど、マタタビではなくウラジロマタタビではないかと思います。似てますが、ニャンコは喜ばんのかもしれません・・・。

とりあえず、たくさんマタタビが生えていたので、蔓を3本ほど、我が家のニャンコのお土産に採って帰ってきやした。(^^;

マタタビの葉

マタタビの蕾

ウラジロマタタビの花

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ツールバーへスキップ