2016中房渓谷紅葉情報 紅葉と水の組み合わせが綺麗な中房渓谷

Pocket
LINEで送る

昨日の高瀬渓谷に続き、今日は中房渓谷の紅葉情報です。中房渓谷も、ほぼ見頃を迎えたって感じで、こちらも高瀬渓谷と同じく、見頃はこの土日から来週前半くらいの気がします。中房渓谷の紅葉も素晴らしいんですけど、高瀬渓谷に比べると、ここ!っていうポイントが無い感じがします。

素晴らしい風景だと思って写真を撮ろうとしても、手前の木が邪魔する事が多いんですよね。それと、車を停められる場所がそれほど無いのも、弱点です。あと、やはり、いい風景を撮ろうとすると、どうしても中房川に下りねばならず、川と組み合わせた風景は、いきなり中房にやってきた方にとっては、ちょっと、しんどいものが有るかもしれません。とは言っても、風景自体は、車で中房まで走るだけでも、十分に楽しんで頂けると思います。(^^)

という事で、本日の中房渓谷の風景です。

 

中房渓谷に入ってすぐの黒川沢のほとりに、カケスが死んでいました。死骸とはいえ、カケスのブルーの羽はとても綺麗で、思わず撮ってしまいました。口を見ると、ドングリが入ったままです。カケスはドングリを集めて冬場の食料にするみたいですけど、ドングリでも喉に詰まらせて死んでしまったのでしょうか・・・。
追記:鳥類の専門家に死骸を回収してもらい、状況を解説して頂きました。死因は、車かなにかにぶつかって、弾き飛ばされ、その際、頭部を強打した事によるものだそうです。ドングリはその時の衝撃で、素嚢(そのう)という、食道の入り口にある食道が一部拡張した食べ物を一時的に蓄える臓器から逆流したものだろうという事でした。

ドングリを口に入れたまま死んでいるカケス

 

中房に向かって、少し上がり始めたところにある道沿いの滝。
小さな滝に見えますけど、道の反対側を覗きこんでもらうと分かりますが、道の下へとかなりの落差で落ちている滝です。ここの紅葉風景、僕は何気に好きです。光の加減でけっこういい色に見えますけど、既に、だいぶ茶色くなってきてしまっていました。でも、まだ雰囲気は十分に楽します。(^^)

中房へ上がる道の道沿いの小さな滝

 

そして、こちらが中房渓谷の全体的な紅葉状況が分かりそうな風景です。だいぶ、山がいい色になっていますよね!!(^^)

中房渓谷紅葉1

中房渓谷紅葉2

中房渓谷紅葉2

 

中房橋からの紅葉風景。
中房橋からの風景は、僕のお気にの場所の一つです。白い花崗岩の岩とブルーの水に紅葉と、なかなか贅沢な風景だと思います。(^^)

中房橋付近の紅葉

中房橋付近の紅葉

 

そして中房橋辺りからは、先日の台風の時の強風で倒れてしまった大木が、道沿いでもぱらぱらと見られました。

台風で折れた大木と紅葉

 

有明荘の少し手前で中房川に下りてみました。水量が少なく、川面に突き出ている岩や石の上を飛び移って、対岸まで行く事ができました。対岸で見つけた風景ですが、細い流れの脇のカエデの葉が、中房川の白い砂や砂利の上に落ちていて綺麗でした。落葉だけでなくカエデの紅葉は、中房川の白い砂や砂利によく映えています。(^^)

中房川の白い砂利の上のカエデの落葉

中房川の白い川砂とカエデ

中房川の白い砂利の上のカエデの落葉

 

如何でしたか?
この土日に安曇野に来られる方には中房渓谷も紅葉が旬って感じで、おすすめです。写真を撮られる場合は、くれぐれも、車を停める場所にお気をつけ下さい。

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ