ヒヨドリバナ?

Pocket
LINEで送る

一昨日、高瀬ダムを歩いた際、一種類はヒヨドリバナと思われる花と、もう一種類、フジバカマによく似た花があちこちで咲いていたのだ。フジバカマは秋の七草の一つで、普通は夏の終り頃からの花だと思うし、安曇野の平地では、稲が色づいてくる頃に咲き出すような気がする。

歩くのに一生懸命で、その時は、標高が高いから、こんな夏の初めにフジバカマが咲いてるんだと勝手に思っていたが、気になったので、調べてみると、フジバカマの特徴である3裂した葉ではない。全体的にはヒヨドリバナに近い雰囲気だけど、花の色はフジバカマにそっくりだ。それに、匂いもフジバカマのような桜餅のいい匂いだったのだ。

花の色は、調べた感じ、サワヒヨドリとか、ムラサキヒヨドリに似ているけど、丈も低かったし、全体の雰囲気はやはり違うのだ。

ヒヨドリバナは基本、白い花が多いようだけれど、レアもので紅紫のやつがあるようだ。レアものの紅紫のヒヨドリバナと考えるのが、僕は、一番、しっくりくるけど、何にしても、葉っぱとか、根元とか、調べる為に、部分を撮ってこなかったのが、ちょっと悔やまれるのだ・・・。(^^;

 

季節外れのフジバカマと勘違いしたヒヨドリバナ?

ヒヨドリバナ?

 

 

そして、こちらは上のやつと、ほぼ同数咲いていた白い花の方の蕾。ヒヨドリバナ?

ヒヨドリバナ?

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ