道祖神・石仏・石塔

Pocket
LINEで送る

安曇野は道祖神で有名だけれど、写真のように道祖神以外にも様々な石仏や石塔が集めて置かれている場所がある。宗教はバラバラだから、その地域の信仰と祈りの歴史の集積場所のような感じだ。道祖神以外で、やたらと目にするのは、月待信仰という民間信仰の二十三夜塔と、中国の道教に由来する民間信仰の庚申塔だ。それ以外にも大黒天や馬頭観音もよく目にするのだ。

下の写真の中には、こういった場所で、大抵目にする庚申塔がない。その変わり、青面金剛の像が置かれている。青面金剛(しょうめんこんごう)は、ウィキペディアによると、庚申信仰の中で独自に発展したもので、庚申講という神仏を祀って徹夜をする行事の集まりで、本尊とされていたものらしい。

ちなみに下の写真の道祖神や石仏、石塔は基本的に江戸時代のものでやんす。

何気に横目で見ながら通り過ぎる、こういった場所の石仏や石塔も、少し意味が分かると、けっこう、おもろかったりするのだ。(^^)

 

道祖神・石仏・石塔の集まり

dosojin20150605a

 

以下、上に並ぶ像を右から説明でやんす。(^^;

道祖神と如意輪観音

道祖神と如意輪観音

 

二十三夜塔と念仏供養塔、徳本念仏

二十三夜塔・念仏供養塔・徳本念仏

 

青面金剛の像、二十三夜塔、地蔵菩薩

青面金剛の像・二十三夜塔・地蔵菩薩

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ツールバーへスキップ