雪景色となった高校前期入学試験の朝

Pocket
LINEで送る

今年の安曇野の冬は、とても雪が少ないわけですが、高校の前期入学試験の今日の朝に限って雪となりました。まあ、大した雪ではなかったですし、幸い雪も早々に止んだので、入試への影響は無かったんじゃないかと思いますけど・・・。

それでも、春を感じるような日が続いていただけに、入試の日の朝に限って、雪ってのは、ちょっと神様も意地が悪いなんて思いはしましたけど・・・。(^^;

 

早朝、まだ少し薄暗さが残る学者村内の雪景色。

早朝の学者村の雪景色

 

僕が高校を受験した頃は、一校しか受けられなくて、高校に落ちて、中学浪人といって、浪人する人も、けっこういました。もっとも、高校受験で浪人するってのは長野県特有で、他県では、ほとんど見られないってのを、県外に出て初めて知りましたけど・・・。(^^;

今では長野県も、前期、後期と、皆、二校を受けるようですし、浪人もさせないようです。僕の中学時代と違って二校受けられるなんて、いいな~と一瞬思ったりもしますが、よくよく話を聞いてみると、僕らの頃より高校受験も複雑化しちゃって、却って、僕らの頃よりも、自分の行きたい高校を受けにくくなっちゃってるんじゃないかって気もしたりします。実際のところ、どうなんでしょうね~??

何にしても、雪の朝の高校受験、受験生の皆さんはお疲れ様でした。

まだ、これから後期入試へと続くわけですけど、頑張ってください!!

春は着実に近づいて来ていますよ・・・。(^^)

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ