コウヤノマンネングサとオオカサゴケ

Pocket
LINEで送る

午後、息子と二人で、今まで下りた事のなかった沢に下りて、散策をしやした。1メートル以上あるオシダが生い茂り、さながら原始の森に降り立ったような錯覚に陥りそうな風情でやんした。色々な山菜が生えていたりして楽しかったのですが、そんな中、特に目を惹かれたのが、今まで見た事のなかった苔なのだ。

 

巨大なオシダが生い茂る沢

巨大なオシダが生い茂る沢

 

最初、変わったスギゴケだと思ったのだけれど、5センチはありそうで、妙にデカイ。しかも、かき分けると茎まであり、中には枝分かれしてるものまである。スギゴケというよりは、杉の木のミニチュアだ。さらに、その中に混じって、ヤシの木みたいなのまである。雰囲気、どう見たって苔なんだけど、一体これは・・・。なんか、苔も普通じゃないし、ここは、本当に原始の森なんじゃないかと、先日見たインターステラーの影響もあってか、なんか異空間に迷い込んだような気分だったのだ。(笑)

とりあえず写真を撮って、10本ほど採取し、家に戻って調べる事にした。

 

コウヤノマンネングサ1

コウヤノマンネングサ2

 

家に戻って、調べたところ、コウヤノマンネングサという、とても珍しい苔のようだ。苔なのに地下茎を伸ばし、そこから増えるらしいから、変わっている。しかも、アクアリウムなど水中に沈めても育つものらしい。ネット上を、さっと見たところ、1本300円から600円くらいで取引されているから高級品だ。
ヤシの木みたいな苔はオオカサゴケという苔のようで、やはり、高価な苔らしく、コウヤノマンネングサと同じようなレートで取引されているみたいだ。

一体、あそこには、幾ら分くらい生えていたんだろうかと、ふと、下衆な計算を・・・。(笑)
まっ、苔ハンターという職業があったとしたら、今日、僕と息子は宝の山に出会ったわけだ。(^^;

とりあえず、高級品と分かったので、採取してきたやつを栽培する事にしたのだ。増やして売ろうかしら・・・。と、やはり、下衆な考えを・・・。(笑)

 

コウヤノマンネングサとオオカサゴケ

コウヤノマンネングサとオオカサゴケ

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ