安曇野の風景は早朝がおすすめ! 大王の紅梅・山の中腹の雪

Pocket
LINEで送る

かなり春めいてきていますが、昨晩は少し冷え、今日の午前中は、山の中腹に雲がかかり、そこだけ雪が降って白くなっていました。こんな感じの風景は、少し珍しいかもしれません。

 

常念岳と山の中腹にかかる雲。

常念岳と山の中腹にかかる雲

 

大王わさび農場では、既に紅梅が咲き、いよいよ春!って感じの雰囲気が漂っていました。(^^)

大王わさび農場の紅梅。

大王わさび農場の紅梅

大王わさび農場の紅梅

 

午後は、しゃくなげの湯へ。
しゃくなげの湯の壁にキャッチコピー入りの写真が貼ってあります。そのキャッチコピーは、安曇野の朝の風景をすすめるものになっています。

こんなに満足なのに、まだ朝ごはんも食べていない。

この街では何十年も前から、朝ブームです。

この街で寝坊するなんて ああ、もったいない。

このキャッチコピーを見る度に、うまい事を言うな~!と感心しています。
特に「こんなに満足なのに、まだ朝ごはんも食べていない。」は、過去、早朝にお客さんを、あちこち、案内した時に「大満足!朝食前なのに、もう、お腹いっぱい。このまま帰ってもいい。」みたいな事を何回か言われたので、とっても共感してしまいます。

しゃくなげの湯のキャッチコピー入りの拾ヶ堰(じっかせぎ)の春の写真。

しゃくなげの湯の拾ヶ堰の写真

 

安曇野ではアルプスは西側になるので、日光の向きの問題で、写真を撮る場合、午前中の方が綺麗に撮れることは、皆、ご存知だと思います。また、朝の方が空気に透明感があり、山もくっきり見えます。

特に、四季を通じて、日の出前後の早朝は、幻想的な風景が見られます。やはり、安曇野にやって来て、一番、満足度の高い風景は、早朝の風景なのかもしれません。

 

冬場のモルゲンロートなど幻想的な風景は日の出直前。

モルゲンロート

雪原から見る夜明け

 

秋によく見られる幻想的な霧の風景は日の出後の早朝。

霧の風景

 

春の完璧な田んぼの水鏡は早朝7時前。

田んぼの水鏡

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ