雪原の夜明けと凍てつく川の風景

Pocket
LINEで送る

ここ数日、安曇野も早朝はマイナス二桁に突入し、冷え込んでいます。
前回の投稿では、雪が無い1月なんて書きましたが、その後、しっかり雪が降り、風景も白い風景に変わっています。

 

雪原から見る夜明け。

雪原から見る夜明け

 

ここ数日、しっかりと冷え込みが続いているので、フロストフラワーが出現していないか烏川を訪ねてみました。フロストフラワーについてはコチラの記事の後半に説明と、3年前に烏川に出現したフロストフラワーの写真を掲載していますので、よろしければ、ご覧ください。

烏川の一部では、北海道の阿寒湖や屈斜路湖などで見られるフロストフラワーような規模ではないですけど、条件が整うと、なかなか見事なフロストフラワーの風景が出現します。長野県内では、ちょっと珍しい風景だと思います。

そのフロストフラワーを期待して烏川を訪ねてみましたが、フロストフラワーが出かけたけど・・・、う~ん、残念!って感じの微妙な状態でした。下の写真の川の氷の上に白くポツポツ出ているのが、フロストフラワーなんですけど、ご覧のように、一面に出ておらず、しかも、写真では分かりにくいですが、形が不完全でした。

凍りつく烏川

 

なんとなくの、個人的な感覚ですが、フロストフラワーが出現する為には、氷の状態がよくないような気がしました。既に厚くなりすぎているというか、氷が層になっているというか・・・。(^^;

凍りついている烏川

 

凍てつく烏川を見たので、川シリーズで油川も覗いてみました。

凍てつく油川

 

真冬の油川では、面白い形をした氷柱があちこちの木や枯草から垂れ下がり、なかなか面白いです。下の写真は、その面白い形をした氷柱に日の光が当たり、まるでシャンデリアのようだったので撮ってみました。油川で見られる氷柱の造形は、ほんと見事です。(^^)

シャンデリアのような氷柱

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です