朝日に輝くエノコログサとチカラシバ ツァイトガイスト(時代の精神)

Pocket
LINEで送る

三郷付近で、ちょうど昇って来る朝日に照らされたエノコログサとチカラシバの穂が綺麗だったので、撮ってみました。それにしても、こうして昇って来る朝日のなんと神々しいことか・・・。

 

朝日に輝くエノコログサとチカラシバ

 

こういう朝日を見ると、無条件に手を合わせたくなります。昔、ツァイトガイストという動画を見て以来、太陽が顔をだす瞬間ってのは、僕は、なんか世界が再起動するような感覚を憶えるようになりました。日本はもちろん、世界各地に太陽信仰はあるわけですけど、なんか、ありがたく無条件に手を合わせたくなるこの感覚からして、太陽信仰ってのは、よく分かる気がします。

まあ、我々の周囲にあるすべての物や事象が太陽エネルギー由来であることを考えれば、我々にとって太陽は、まさに創造主であり神です。世界には色々な宗教があり、色々な神がいるわけですけど、僕は無宗教なので、絶対神という表現を使うなら、太陽ほど、それに相応しいものはないように思います。

Zeitgeist(時代の精神)という動画では、キリスト教は太陽信仰であり、イエス・キリストという人物は存在しなかったとまで言っています。クリスチャンの方にとっては、面白くない動画かもしれませんけど、なかなか、説得力があります。

初めて見たのは随分、昔ですけど、かなり興味深く見た記憶があります。約2時間の、宗教団体、金融市場、世界のパワーバランスに、鋭く切り込んだドキュメンタリーです。導入部分が少し長いですけど、見られた事がない方は、一度は、見られてみるといいかもしれません。キリスト教については、開始9分20秒後くらいからです。(^^;

 

なんか、動画の紹介みたいな投稿になってしまって、スンマセンって感じですけど、思わず、ツァイトガイストを思い出すくらい、神々しい朝日だったということで・・・。(^^)

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ