霧の幻想的な朝・霧の境目 安曇野は霧が多く出る地域!

Pocket
LINEで送る

少なくとも我が家の辺りの今朝は、昨日とうって変わり、とってもいいお天気でした。しかし、林の中の小道を下っていくと、少しずつ霧が出始め、あちこちで薄明光線が差し込んできました。まあ、こういうのを、薄明光線と言っていいのか、分りませんけど・・・。(^^;

 

林の中の薄明光線。

林の中に差し込む薄明光線

 

そして、林を抜けると、既に東の方角は真っ白な霧に覆われていました。我が家の辺りでは、これ以上ない快晴ですが、ほんの3キロほど東に行けば、分厚い霧に覆われ、完全に曇り空感覚だと思います。

安曇野は秋から冬にかけて霧が多く発生する場所として有名です。
田んぼや畑の水蒸気が凝結されて発生する放射霧と、川や用水路などから立ち昇る蒸発霧の両方によって、あっという間に、安曇野全体が深い霧に覆われていきます。もっとも、この分厚い霧は昼までには消え去り、真っ青な青空がやって来るって感じですけど・・・。

こんな朝は、長峰山の山頂まで車を走らせれば、空の上にいるような感覚になれる見事な雲海を見る事ができます。今朝も長峰山まで行けば、見事な雲海が見れたはずです。長峰山で雲海を見る場合は、午前10時くらいまでに山頂へ行くようにして下さいね。

 

昨年の写真ですが、今朝も長峰山の山頂まで行けば、こんな風景が見られたはずです。(^^)
雲海の風景は「長峰山からの雲海」の記事をご覧ください。

長峰山からの雲海1

 

そして、こんな朝は、タイミングが合えば、有明の森保育園近辺から山麓線の間では、霧の境目を見る事ができます。東側は真っ白な霧の世界で、回れ右をして西側(有明山側)を見ると雲一つない快晴って感じです。もちろん、時間の経過で、あっという間に、真っ白な霧に覆われてしまいますけど・・・。

 

霧の境目から見た東側の霧の風景。
境目からなので、霧がやや薄く、真っ白にならずに、なんとも幻想的な風景が見られます。(^^)

霧の朝の幻想的な風景

 

そして、回れ右をした東側の見事な快晴の風景。
左側の山の麓に雲がかかっているように見えますが、これも霧で、北から南へと流れ込んできます。この場所も、この写真を撮ってから、ものの15分ほどで、真っ白な霧に覆われました。

霧の反対、西側の風景

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ