蕎麦の花紅白・不気味なシロオニタケ

Pocket
LINEで送る

蕎麦の花も終わりに近い気がしますが、それでも、まだ、あちこち、真っ白に咲いた蕎麦畑に目を惹かれます。安曇野では少ないですが、パラパラと赤花の蕎麦(高嶺ルビー)も作られていて目にします。ということで、紅白の蕎麦の花を撮ってみました。(^^)

 

蕎麦の花 紅白。

赤花蕎麦(高嶺ルビー)

普通の白い蕎麦の花

 

こちらは、おまけで、白い普通の蕎麦の花を撮った近くで、まだ刈り取られていない田んぼと有明山を。

まだ刈り取られていない田んぼと有明山

 

 

不気味!シロオニタケ!!

林の中で、シロオニタケの不気味な姿をあちこちで目にするようになってきました。なんかエイリアン的な不気味さで、かなり目を惹かれます。(^^;

 

出始めのシロオニタケ
この白い色に、トゲというかイボというか、そんなブツブツが傘一面にあり、かなり不気味です。しかも、このブツブツが、とれて、バラバラと地面に落ちていたりして、その様も、かなり不気味だったりします。(^^;

出始めのシロオニタケ

 

少し成長してきたシロオニタケ

少し成長してきたシロオニタケ

 

傘が開いたシロオニタケ

傘が開いたシロオニタケ

 

シロオニタケ、見た目の不気味なだけでなく、デカイんですよね!!
横にライターを置いて撮ってみました。

傘の開いたシロオニタケとライター

 

このシロオニタケ、かつては食毒不明種だったそうですけど、現在では、有毒な可能性があるものとして扱われているそうです。でも、シロオニタケによる中毒例は、今のところ無いそうなので、明らかな毒キノコって感じでもなさそうです。でも、まあ、これだけ不気味なんで、そもそも、採って食べてみようっていう人がいないせいかもしれませんけど・・・。(^^;

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ