理想的なバカマツタケ・アカヤマドリ・ニガクリタケ

Pocket
LINEで送る

先日に続き、キノコの投稿でスンマセンって感じですが、今日も先日に続き、バカマツタケを散歩途中で見つけました。今日、見つけたバカマツタケは、まだ傘が開ききっておらず、とにかく形がいいです。大きさも大きく、市販されている小さな松茸の大きさは十分にあります。バカマツタケは赤みがかってるので、見た目も松茸より綺麗ですよね。匂いも松茸特有の匂いで申し分ありません。

今日も、これで松茸のお吸い物にしようと思いますけど、食べるより、撮る方が好きな僕としては、理想的な形のバカマツタケだったので、かなり、萌えました。(^^)

理想的な形をしたバカマツタケ

理想的な形のバカマツタケをゲット!

バカマツタケをご存知ないって方はコチラをご覧ください。

 

同じ林の中で、アカヤマドリも見かけたので、撮ってみました。こちらはかなり大型のキノコで、色も派手なので、林の中でも、かなりの存在感を示しており、あれば、誰の目にもとまります。大きい物では、傘の直径が30cmくらいになるものも、あるんだとか・・・。

ヤマドリタケモドキ(ポルチーニ)と同じ仲間なので、美味しいキノコらしく、炒め物やパスタに混ぜるとグッドらしいですけど、個人的には食べた事がありません。ただ、虫がつきやすいキノコなので、食べるとなると、けっこう、選ばないといけないかもしれませんね。今日、見かけたものもナメクジかなんかに、かじられちゃってましたし・・・。(^^;

アカヤマドリ

アカヤマドリ

 

そして、林の中の朽ちたクヌギや松の木の根元に、あちこちでニガクリタケが顔を出し始めていました。こちらは、残念ながら、典型的な毒キノコです。出始めは、クリタケにそっくりで可愛らしいですけど、この早い時期に出てくるのは、安曇野では間違いなくニガクリタケです。クリタケはいつも10月に入ってからですけど、経験的にニガクリタケが少ない年はクリタケも少ないですから、今年はクリタケも期待できるかもしれません。(^^)

出始めはクリタケとニガクリタケは、ほんとよく似てるんですけど、ニガクリタケはクリタケより時期が早いので、大抵、分かります。もし、見分けがつきにくい時は、ちょっと、かじってみると、名前の通り、ニガクリタケは苦いので分かります。その場合は、ペッペッして、スルーですね。(^^;

出始めたニガクリタケ

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ