アクセスアップなんて超簡単・月間600万PV! 証拠画像が信用できない理由

Pocket
LINEで送る

まずは論より証拠で、このブログの直近のGoogle Analyticsのサマリー画面をご覧下さい。(笑)

月間600万ページビュー

月間600万ページビュー!どうですか?凄いでしょ!!
って、普通に考えて、こんな安曇野の風景写真を投稿しているブログが、月間600万ページビューって、ありえないですよね。でも、こんな極端な数字ではなくて、10万ページビューや5万ページビューくらいだったら、けっこう信憑性が増しませんか?

ホームページやブログを開設したら、やはり、より多くの人に見てもらいたいわけで、アクセス数を増やす事に悩んだりします。そこで、どうやったらアクセスアップが出来るんだろうかと、必死に検索したりします。

まあ、最近では、ブログなどで、至極まっとうなアクセスアップ方法を書かれているページが多いんですけど、時として、秘密の凄いアクセスアップ方法が宣伝されてるページに行きついてしまう事があります。そして、そんなページを読み進めていくと、そのノウハウを購入するようになっていたりします。情報商材ページってやつですね。そして、そんなページで、必ずと言っていいほど、見かけるのが、論より証拠の、こういったGoogle Analyticsのサマリー画面などのキャプチャー画像だったりします。

でも、これって、どうとでも作れちゃうんですよね・・・。(^^;

 

例えば、Google Chromeで、Google Analyticsのサマリーページのどこでもいいので、右クリックすると、下の画像のように、「検証」って項目が出てきます。

Google Chrome 検証

その検証をクリックすると、下のような画面が出てきます。

Google Chrome デベロッパーツール

なんか横文字が並んだ、ちょっと難しそうな画面ですけど、これは、Google Chromeのデベロッパーツールと呼ばれるもので、Web制作をやられている方にとっては、文字通り、そのページの色々な検証を行ったり、疑似的にページの表示を変えてみたりする、お馴染みのツールです。

このGoogle Chromeのデベロッパーツールを使うと、ページビューの数字なんかは、どうとでも疑似的に変えられちゃうわけです。(^^;

 

下の画像のように、デベロッパーツール左隅の、選択ツールアイコンをクリックして、ページの変更したい部分をクリックすると、ゴチャゴチャと横文字が書かれている部分の行がハイライトされます。そこをよく見ると、下の画像であれば、サマリーのユーザーの数字が表示されているのが分かるかと思います。その数字をダブルクリックすれば、入力が出来るようになるので、お好みの数字に入力し直します。すると、ページの表示を疑似的に変える事ができます。つまり、簡単に、100万ページビューだろうが、1億ページビューだろうが、お好みのアクセス解析画面が疑似的に作れちゃうって事です。(^^;

Chromeのデベロッパーツールでページビュー数を変更

 

さらに、証拠画像としては、使い物にならなくなりますけど、例えば横のスタイルシート部分をいじれば、文字の色や多きさも一瞬で変えられちゃいます。つまり、どうとでも、なるって事です。(^^;

Chromeデベロッパー画面 スタイルシート

 

今回は、Google Analyticsのサマリー画面をいじってますけど、もちろん、このデベロッパーツールは、どのページでも使えます。て事は、インターネットバンキングの残高とか、入金額とかも、同じように、疑似的に簡単に変えられるって事です。

これもよく、儲かる系の情報商材なんかの、論より証拠画像で、ネットバンクの入金額や残高のキャプチャー画像で見かけますよね。

まあ、全部が全部、こうやって作った捏造画面だとは言いませんけど、アクセス数や、ネットバンクの残高なんかの捏造画面なんて、誰でも簡単に一瞬で作れちゃうのは確かです。

つまり、「これが、証拠です!見て下さい!」ってのは、あまり信用は出来ないんですよね・・・。

まあ、基本的に、アクセスアップにしても、お金儲けにしても、魔法は無いわけですし・・・。(^^;

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ