三郷スカイラインとアサギマダラ

Pocket
LINEで送る

三郷スカイラインは、とり立てて、これ!といった物もなく、スカイラインというよりは、単なる山道というか、林道というか、そんな道なんですけど、この時期は、車を走らせて登って行くと、木漏れ日の中を抜けていく感じで、けっこう綺麗だったりします。(^^)

 

こんな感じの木漏れ日の中を走って行く感覚です。(^^)

三郷スカイラインの木漏れ日

 

展望台が近づいてくると、植生が少し変わり、クマザサやカラマツ、白樺が増えてきます。

三郷スカイラインのクマザサと白樺

 

展望台近くはカラマツの林がなかなか綺麗です。

三郷スカイライン展望台近くのカラマツ林

三郷スカイライン展望台からのカラマツ林と白樺

 

展望台からは、安曇野・松本平を一望って感じでなかなか眺めがいいです。

三郷スカイライン展望台からの風景

 

展望台の下の草原には、たくさんの花が咲き、トンボや蝶が飛び交っていました。(^^)

逃げられちゃって撮れませんでしたけど、ノリウツギの花にも蝶が飛び交っていました。

ノリウツギ

 

トリアシショウマの花

トリアシショウマの花

 

クガイソウの花に群がる昆虫たち

クガイソウに群がる昆虫たち

 

そして、あちこちに咲くヒヨドリバナの間をアサギマダラが飛び交っていました。ヒヨドリバナはアサギマダラがよく集まる花なんですけど、ヒヨドリバナに集まるアサギマダラのほとんどがオスらしいです。ヒヨドリバナに含まれる物質が、オスの性フェロモン生成に必要なんだとか・・・。

ヒヨドリバナとアサギマダラ

 

アサギマダラと言えば、1000キロとか2000キロといった長距離の渡りの旅をする事で有名な蝶ですよね。蝶が海を越えて、そんな長距離の旅をするなんて不思議ですよね。なぜ、そんな長距離の旅をするのか、今でも分かってないそうです。

ヒヨドリバナとアサギマダラ

 

ちなみに、僕は全てスマホで写真を撮っているので、こういった昆虫を撮る場合は、接写でなければ、こんな感じに撮る事が出来ず、いつも、息を殺して、そうっと近づいて撮っています。この辺の近づき方は、子供の頃、素手で近づいて、トンボや蝶、蜂まで獲った経験がいかされているのかもしれません。(笑)

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ