チダケサシ・ルリボシカミキリ・安曇野わさび田湧水群公園のカモと柳の根

Pocket
LINEで送る

梅雨明けはまだのようですが、今日はすっかり夏らしいお天気でした。

通りすがりに、いくつか夏の風景を撮ってみました。

 

安曇野わさび田湧水群公園に立ち寄ると、カモが涼し気に水面に波紋を描きながら、泳いでいました。(^^)

水面に波紋を描きながら涼し気に泳ぐカモ

 

安曇野わさび田湧水群公園の名物、ショッキングピンクの柳の根ですが、切られたところから、少し生え始めていました。来月の今頃には、例年通りの、インパクトのある柳の根になるかもしれません・・・。

安曇野わさび田湧水群公園の柳の根

 

そして、通りすがりに夏の野に目を向けると、チダケサシが咲いていたので、撮ってみました。チダケサシは乳茸刺って書くんですけど、昔、この茎に乳茸を差して持ち帰ったことから、チダケサシって言うんだとか・・・。

夏の野に咲くチダケサシ

 

かなり激しく動き回っていたので、写真はブレちゃっていて申し訳ないですけど、ルリボシカミキリも見かけたのでパチリ。鮮やかなブルーが綺麗な日本固有種のカミキリムシです。光の加減で、背中が緑っぽくなっちゃいましたけど、実際は、綺麗なブルーでした。ウィキペディアによると、学名はRosalia batesi で、属名に当てられているRosaliaは、美しい乙女を象徴する女性名に由来するんだとか・・・。

ルリボシカミキリ

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ