大庄屋山口家のお部屋とお庭

Pocket
LINEで送る

紅葉の時期、門の前のカエデが見事な大庄屋山口家ですが、今日は人の案内ということもあり、中のお部屋にあがらせてもらいました。

 

ちなみに、こちらが、昨年の写真ですが、大庄屋山口家前のカエデです。(^^;

大庄屋山口家の前の紅葉が始まったカエデ

 

大庄屋山口家には、かつて松本のお殿様や、北アルプスを紹介したウェストンが宿舎としていたことで有名です。当時のお部屋がそのまま残されていますが、素晴らしいです。そして何よりも、僕が素晴らしいと思うのは、この建物が現役で、今でも人が住んでいるということです。建物も庭も、維持は並大抵ではないように思いますので、この家の方々の努力には頭が下がります。

 

かつて、松本のお殿様も泊まられた山口家のお部屋。

かつて松本のお殿様も泊まられた大庄屋山口家のお部屋

 

そして、山口家第22代として生まれた山口蒼輪は、18歳で院展に初入選し、天才少年画家と言われた日本画家です。その後、院展に連続入選し、日本画壇に不動の地位を築きますが、残念ながら、37歳という若さで亡くなられています。邸内には、山口蒼輪の残した作品が、いくつも飾られています。

こちらが、初入選した「草」です。写真がガラスで反射してしまっていて、すんませんって感じなので、機会があれば、是非、実際に訪ねられて生の目で見られてみて下さい。(^^;

山口蒼輪 「草」

 

そして、日本庭園はほんと見事で、このお部屋から、庭をボーっと眺めてるだけで、なんとも贅沢な時を過ごしてるような気分にさせてくれます。(^^)

大庄屋山口家の庭

 

中のお部屋やお庭を見るには、玄関で呼び鈴を鳴らして、大人一人400円です。ご当主もしくは、奥様自ら、ご案内して下さいます。これだけ維持するのに、補助金のようなものも出ていないそうなので、400円でも安すぎるって感じがします。

安曇野にお越しの際、是非、立ち寄られてみるといい場所の一つだと思います。(^^)

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ