WordPress備忘録 投稿ページに複数のテンプレートを使える「Single Post Template」

Pocket
LINEで送る

Single Post Template

投稿記事の個別ページごとにテンプレート変更ができるプラグイン

ページによってレイアウトやデザインを変えたいことってありますよね。

そんな時、固定ページであれば、お好みのテンプレートファイルを作って、テーマフォルダにアップロードし、頭のところにテンプレート名を指定してやれば、固定ページの編集画面右の「ページ属性」→「テンプレート」のプルダウンに、新たに作ったテンプレート名が表示され、選択できるようになります。

でも、投稿ページの場合は、見たところ、そういったテンプレートの選択できるところが見当たりません、投稿ページでも、個別にテンプレートが選択できるように出来ないものかと、検索したら、「Single Post Template」なんていうプラグインがあり、投稿ページでもテンプレートの選択が出来るようになりました。

ということで、この投稿ページも、「Single Post Template」を使って、普段とは違うテンプレートで投稿してみました。横幅100%の単純なテンプレートですけど・・・。(^^;

使い方は簡単

投稿ページ用のカスタムテンプレートをアップロードして選択するだけ

「Single Post Template」のプラグインへの追加は、ダッシュボードからプラグインの新規追加で検索してもらってインストール、有効化でOKです。

テンプレートの方は、single.phpとかをダウンロードして、お好みにカスタマイズし、ファイル名を適当に変更します。今回は、幅を100%にしたので、single-wide.phpにしてみました。これをテーマフォルダの中にアップロードし、ファイルの頭に以下のような記述をしてテンプレート名をつけます。今回は、下のように「投稿ワイド」って名前にしましたけど、何でも構いません。

<?php /* Single Post Template: 投稿ワイド */ get_header(); ?>

ここまで出来たら、実際に投稿の新規追加で編集ページを開いてみると、記事を書く欄の下に、以下のような「Single Post Template」という項目が新たに出てきているので、そこで、先程、アップロードして名前をつけたテンプレートファイルを選択するだけです。(^^)

Single Post Template

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ