仮想通貨とかフィンテックとかブロックチェーンって何なん??

Pocket
LINEで送る

仮想通貨、フィンテックって何?

 

三菱東京UFJ銀行が、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。なんていう記事が出ていた。ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一つって事らしいです。

最近、よく聞くようになった「フィンテック」って単語だけれど、これはファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つを併せた造語です。ようは金融テクノロジーって言葉と同じような意味だと思うので、その幅は広く、例えば、インターネットバンキングとかサイフケータイとか、ペイパルみたいにメールアドレスで送金できちゃったりとか、みーんな、フィンテックって事になります。いつの間にか便利な世の中になりましたよね・・・。(^^)

ITの出現で、当時、情報革命なんて言われ、世の中、色々と変わりましたけど、個人的には、金融ほど進化したものは、ないんじゃないかと思ってしまいます・・・。(^^;

ということで、フィンテックそのものは、特に目新しいものではないと思うんですが、それが、なぜ、最近、やたらと耳にするようになったかと言えば、フィンテックの中核技術としてブロックチェーン技術が注目されてきたからだと思います。今回ニュースになっている三菱東京UFJ銀行独自仮想通貨「MUFGコイン」もブロックチェーン技術を使用しています。

 

ブロックチェーン技術とビットコイン

ビットコインと言えば2014年初めに大騒ぎになったマウントゴックス破綻事件を憶えてらっしゃる方も多いかと思います。当時、仮想通貨ビットコインの取引所の一つであったマウントゴックスと一緒にビットコインも世間に叩かれたので、ビットコインってのは、怪しげな得たいの知れないものという印象を持った方も多いと思います。

ビットコインは謎の天才ハッカーと言われるナカモトサトシなる人物の論文によって運用が開始されました。しかも、管理者がいないという代物なので、さらに得たいの知れないものっていう印象が強かったのかもしれません。そのビットコインの根幹技術がブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークで、管理者がいなくても、信憑性のある合意を達成させることができる技術です。って、なんのこっちゃって話なんですけど、ようは、世界滅亡とかエイリアン地球侵攻のような事態でも起こらない限り、それを破壊する事が出来ず、そして、その取引を誰もごまかす事ができず、基本的にシステムへのハッキングも不可能って代物です。凄いですよね!!

マウントゴックス破綻事件は、そのビットコインを預かっていた会社が、いい加減なことをやっていたという話であって、ビットコインそのもの、つまりブロックチェーン技術とは何の関係もありません。

ブロックチェーン技術の可能性は、何も仮想通貨に留まるものではなく、ありとあらゆる物の仲介を省く事が可能になるというものです。不動産でも株でも、あらゆる物の所有権をブロックチェーン上で管理してしまえば、第三者機関は必要なくなります。

つまり、ブロックチェーン技術は世界を変えてしまう可能性のある技術です。そんな世界を変えてしまう可能性のある技術が、誰の発明か分からないってのが、また不思議な事なんですけど・・・。ナカモトサトシの正体については、色々な説が出ていますが、未だに分かっていないようです。

 

ブロックチェーン技術に注目した大手行

ビットコインのウォレットつまり口座を持つと、自分の行った取引は全てインターネット上に晒される事になります。つまり、その口座の持ち主が誰かが分からないだけで、ビットコインの口座の全てはインターネット上に晒されています。それでも、誰も盗む事も、ごまかす事も出来ず、システムは国家権力を持ってしても止める事が出来ず、システムがダウンする事もありません。つまり圧倒的なセキュリティとシステムとしての強さを持っているわけです。しかも分散型のネットワークの為、従来の中央集権的なシステムに比べると、圧倒的にコスト面で有利です。

ビットコインには誰も管理者がいないので、誰かがコントロール出来るという代物ではないですし、しかも上述の通り、そのシステムを誰も潰す事ができません。これって、権力者が嫌う要素なわけで、発行主体のない怪しげな仮想通貨として、マウントゴックス事件当時、世間に叩かれました。まあ、個人的には今でもビットコインが通貨かどうかは疑問ではあるんですけど・・・。(^^;

そして、負の側面にばかり焦点が当てられ、マネーロンダリングの温床になるなんて事も、当時、盛んに言われましたが、現在では、そのリスクは一般の銀行や現金よりも、遥かに低い事が証明されているそうです。

つまり、従来の銀行は、ビットコインの性質に拒否感を示しながらも、そのセキュリティやシステムの強さ、コストパフォーマンスといったところに、目をつけ、ビットコインみたいなものは嫌だけど、ブロックチェーン技術は取り入れたいと考えたって事だと思います。

そこで、ブロックチェーンをインターネットにではなく、自社内のネットワーク内など閉じられたネットワークに作る事を考えたわけです。プライベート・ブロックチェーンというやつです。つまり管理者のいるブロックチェーンです。

 

仮想通貨と信用創造

ここで少し話を変えて、信用創造について簡単にふれてみたいと思います。
自分のお財布の中を開けてみると、電子マネーのカードみたいなものを除けば、入っているのは硬貨と紙幣かと思います。硬貨の発行は政府であり、紙幣は日銀の発行です。ですから、注意してよく見てもらうと、硬貨には「日本国」という刻印があり、紙幣には「日本銀行券」と書かれています。

ところが、普段、僕らが「お金」と呼んでいる物の、おそらく9割もしくはそれ以上が、政府発行の硬貨でも、日銀発行の日本銀行券でもありません。

銀行が融資をする時、銀行は持っているお金を貸すわけではなく、その時に新たにお金を作って貸しています。作ると言っても、実際にはコンピューターに数字を入力するだけなんですけど・・・。だから誰かが銀行から100万円の借金をすると、銀行のコンピューターに100万円の入力がされて、世の中に新たに100万円というお金が生まれるって事になります。まさに錬金術なんですが、信用創造と言って、これにより経済が爆発的に拡大する事を可能にしてきたわけです。すごく乱暴な信用創造の説明ですけど、信用創造について興味のある方は、ネットで検索してみて下さい。あちこちに、説明が出ているかと思いますので・・・。(^^;

誰かが銀行から借金する事によって、新たに生まれるお金は、日銀が発行しているわけではなく、市中銀行がコンピューターへの入力で作り出しているお金ですから、日本銀行券ではありません。それは、日本銀行券と等価で交換出来る事を約束された日本銀行券ではない通貨です。

この信用創造で作られる日本銀行券ではない通貨が、実際に僕らが「お金」と呼んでいる物の、ほとんどなんですが、その実態は、無から創造されるものであり、コンピューターに入力された単なる電子的な符号でしかありません。

こうしてみると、普段、お金と呼んでいる物も、仮想通貨と呼ばれる物と大差がないような気がしてしまいます。て言うか、仮想通貨そのものって感じです・・・。

そして、今回の三菱東京UFJ銀行が開発中の仮想通貨「MUFGコイン」は、同行に口座を持つ人が「MUFGコイン」と預金を等価で交換できるというもののようですから、信用創造されるお金と、とてもよく似ている気がします。そういう意味では、コストが下がるなどのメリットはあっても、「MUFGコイン」に特に目新しいものは無いのかもしれません・・・。もちろん、これが、三菱東京UFJ銀行に口座を持っていない人でも、サードパーティーのウォレットで「MUFGコイン」を扱えるようになれば、凄いことなんでしょうけど・・・。

 

 

人は根源的に自由を求めるものだと思います。その人が作り出した通貨も、やはり自由を求めるものなんじゃないかと僕は思います。

今回の三菱東京UFJ銀行の仮想通貨は、ブロックチェーン技術を使っているとは言え、上に書いたように、従来の通貨と根本的には、大して変わり映えのしない物になるのかもしれません。でも、いくつかの大手行が、こういったサービスを始めると、いつかは、それは自由を求めて行外へと出ていく動きになるのかもしれないなんて僕は思ったりします。

現在、我々が当たり前のものとして受け入れている中央銀行システムや管理通貨制度だって、最近のものなわけで、一昔前なら考えられなかった通貨制度だと思います。ですから、僕らの子供や孫の世代が、ブロックチェーン技術によって、現在とは全く違った通貨制度の世界で生活している事だってあるかもしれませんし、所有権なども、現在とは違った形で管理されているようになっているかもしれません・・・。

まあ、先の事は分かりませんけど、ブロックチェーン技術は世界を変える可能性を持った技術である事は、確かな気がします。そして、そんな凄い技術を考え出した人物が誰なのか分からないという不思議・・・。世界は不思議な事だらけです・・・。

いずれにしても、ブロックチェーン技術によってビットコインは生み出され、そして、ビットコインによって、その凄さが証明され、そして、世界の大手行も、それに飛びついたのは事実だと思います。にも関わらず、これだけ、フィンテックだのブロックチェーン技術だのとマスコミも報道しますが、彼らがビットコインに触れる事は、ほとんど、ありません。まあ、あれだけビットコインを叩いちゃったんで、面子的にも触れたくても触れられないのかもしれませんけど・・・。(^^;

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ