完成した蝶の雪形と常念岳・ハハコグサ(ごぎょう)の群生

Pocket
LINEで送る

爽やかな、とってもいいお天気です。(^^)
午前中は、お山もクッキリで綺麗だったので、常念岳と蝶ヶ岳を撮ってみました。

 

久保田公園の柳の大木の間から常念岳を。

柳の大木の間から常念岳を

 

写真左の蝶ヶ岳には、蝶の背がしっかりと割れて、くっきりと白い蝶の雪形が浮かび上がりました。(^^)

蝶の背が割れた蝶ヶ岳の雪形

 

 

そして、休耕田一面にハハコグサ(母子草)が黄色い花を咲かせていたので、そちらも撮ってみました。ハハコグサは春の七草の一つ、ゴギョウ(御形)のことですね。(^^)

 

休耕田一面に咲くハハコグサ

休耕田一面に咲くハハコグサ

 

ハハコグサの花とテントウムシ

ハハコグサの花とテントウムシ

 

この休耕田にはハハコグサだけでなく、まだ、蓮華草もあちこちで、咲いていたので、おまけで。(^^;

休耕田の蓮華草

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ