雪解けの西正院大姥堂とせせらぎ

Pocket
LINEで送る

ふだんは、完全スルーしてしまう、大町市の西正院大姥堂(せいしょういんおおばどう)ですが、なぜか、この雪解けの季節だけは、妙に目にとまり、車を停めて、思わず写真を撮ってしまうのだ・・・。(^^;

このお堂には、佐々成政が浜松の家康を訪ねるために、後立山連峰を越える際に、旅の安全を祈って立山芦峅寺(あしくらじ)から持ってきた木造大姥尊坐像が祀られており、大町市指定有形文化財になっています。

そして、姥尊像という老婆の像は、前田利家をはじめ加賀藩の武将たちも篤く信仰していたようで、北陸というか立山方面というかの、特有の信仰のようです。

佐々成政は、織田信雄(おだのぶかつ)を主君と仰ぎ、家康らと共に秀吉に敵対するわけですが、ご存知、小牧・長久手の戦いの最中、信雄は突如、秀吉と和睦を結んでしまいます。これにより、家康も秀吉と戦を続ける大義名分を失い、三河に戻っていきます。ちなみに、NHKの大河ドラマ秀吉で、家康を演じていた西村雅彦さんが、信雄が秀吉と和睦した事を聞いて、「バカにつける薬はないは。」と呟くシーンが個人的には、妙に印象に残っています。(^^;

これに対して、佐々成政は、家康にもう一度立ち上がってもらおうと説得の為、浜松城に赴く事を考えますが、周囲のルートは敵だらけなので、厳冬期の立山連峰を越え信州にでる事を思いつき、実際にそれを実行に移します。僕の感覚では、当時の装備で厳冬期の雪深い立山連峰を越えたなんて話は、にわかに信じ難いんですが、れっきとした史実のようです。

そんな不可能とも思える立山連峰越えをやってのけた、佐々成政がお守りとして富山から持ってきた大姥尊像が、このお堂には祀られているわけで、それを考えると、よくありそうな感じの、このお堂にも、ちょっとしたロマンを感じてしまいます。(^^)

 

雪解けの西正院大姥堂(せいしょういんおおばどう)の風景

雪解けの西正院大姥堂1

雪解けの西正院大姥堂2

雪解けの西正院大姥堂3

 

この西正院大姥堂のすぐ近くに春先、たくさんのザゼンソウが顔を出す宮の森自然園があります。今年は、春が早いので、ひょっとして、ザゼンソウが既に顔を出してるかもしれないと思い、寄ってみましたが、まだ、ほんのちょっと頭が地面に出ているのものが、パラパラって感じで、さすがに早かったです。(^^;

せっかくなので、宮の森自然園のせせらぎの様子をシネマグラフにしてみました。(^^)

雪解け時期の宮の森自然園のせせらぎ

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ