穂高の伊夜比古神社の雪景色と付近の雪原の風景

Pocket
LINEで送る

通りすがりに穂高の伊夜比古(いやひこ)神社の雪景色と、その付近の雪原の風景を撮ってみました。雪に埋もれる伊夜比古神社は、ちょっと風情があって、良かったのだ。(^^)

伊夜比古神社の主祭神は天香山命(あめのかごやまのみこと)で、これは、全国の伊夜比古神社、彌彦神社、弥彦神社に共通です。「いやひこじんじゃ」が本来、正しい読み方らしいけれど、彌彦神社、弥彦神社に関しては、一般的には「やひこじんじゃ」と呼ばれていやす。

天香山命は天照大神の曾孫で、越後を開いた神様です。その際、天香山命は人々に、農業や漁業、製塩業を教えて、産業開発に努めた為、産業開発の神様として信仰を集めているようです。穂高の伊夜比古神社の場合は、やはり、場所的に、農業の神様として、信仰されてきたんじゃないかと思ったりしやす・・・。(^^;

そう言えば、アニメのNARUTOの「暁」の創設者であり、死後は、ペイン六道のリーダー格である天道の素体になった弥彦も、この弥彦神社から名前をとってるんでしょうね・・・。(^^;

 

雪景色の穂高伊夜比古神社の鳥居

雪景色の穂高伊夜比古神社

 

そして、伊夜比古神社付近の雪原も撮ってみました。
個人的には、田んぼの段々が雪を被った雪原の雰囲気が好きだったりします。(^^)

穂高伊夜比古神社付近の雪原

旧家と雪原

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ