WordPress備忘録 WordPressアドレスを間違えて変更し、管理画面が表示されなくなった時の対処方法

Pocket
LINEで送る

WordPressの管理画面の設定⇒一般に、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」という項目があります。サブディレクトリにインストールしたWordpressをドメイン直下に表示させたい場合など、「サイトアドレス (URL)」を変更するわけですが、たまたま慌てていて、「WordPress アドレス (URL)」を変更してしまい、管理画面が表示されなくなって、ちょっと焦ったので、その対処方法を書き留めておこうと思います。

まあ、対処方法は、WordPress Codex の、サイトURLの変更のページに4つの対処方法が出ているので、それを見て貰えばいいだけなんですけど、その中の2つを試してみたので、それを書き留めておきます。

 

wp-config.php の編集

wordpressをインストールしたディレクトリの直下にあるwp-config.phpをFTPでダウンロードし、TeraPadなどのエディタで開いて、以下を追記します。

define(‘WP_HOME’,’http://yamura-yasuke.club/wp’);
define(‘WP_SITEURL’,’http://yamura-yasuke.club’);

wp-configの追記

追記する場所は、「// 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください」より上の行なら、どこでもOKだと思います。

編集が終ったら保存して、アップロードし、wp-config.php を上書きして終了です。
これで、管理画面が表示されるようになりますが、Wordpress Codexにも書かれている通り、管理画面からは「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の変更が出来なくなってしまいます。

まあ、普通は頻繁に変更する事はないでしょうから、これで、とりあえずはって感じでしょうか・・・。

 

僕は、性格的に、完全に元の状態に戻らないのが気持ち悪かったので、結局、Wordpress Codex のサイトURLの変更の4番目に書かれていたデータベースでのURLの編集を行いました。データベースを触る場合は、念の為、データベースのバックアップを行ってからやって下さいね。万が一、データベースを飛ばしてしまったら泣くに泣けないっすから・・・。(^^;

 

データベースで URL を直接編集

まずは、サーバーのコントロールパネルからphpMyAdminを開きます。
phpMyAdminへログインする為のユーザー名やパスワード、サーバー名(ホスト名)が、もし、分からない場合は先程のwp-config.php に記載があるので、それでログインして下さい。

ログインできたら、左上のデーターベース名をクリックします。
これは、wp-config.php のDB_NAMEの部分の記載と同じです。

phpMyAdminデーターベース名をクリック

 

表示された左サイドバーの一覧の中から「wp_options」をクリックします。
ちなみに、テーブル接頭辞 wp_ をインストール時に変更した場合は名称が異なるかもしれません。僕の場合は、wp1_ になっていました。

wp_optionsをクリック

 

右側に表示された「wp_options」の一覧の「option_name」から、「siteurl」を探して、編集をクリックします。ちなみに「option_name」の「home」が「サイトアドレス (URL)」です。

「siteurl」の編集をクリック

 

開いて来た画面で、本来のWordPress アドレスのURLを入力し、実行をクリックして終了です。

本来のWordPress アドレスのURLを入力

これで、元の状態に戻す事ができました。(^^)

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です