お盆が過ぎると紅葉する葉がちらほらと・・・ 黄葉と紅葉の違いって?

Pocket
LINEで送る

お盆が過ぎると、僕の家の周囲では、毎年、ちらほらと紅葉する葉が見られます。早くも秋の訪れを感じさせられやす。お盆が過ぎると急に涼しくなってきますし、昨日、今日と、曇り少々雨って感じでしたから、余計に、色づく葉が出てきたのかもしれません・・・。(^^;

お盆過ぎの紅葉

 

お盆過ぎの黄葉

 

上の写真もそうなんすけど、イチョウに代表される黄色に色づく黄葉と、カエデに代表される紅に色づく紅葉がありやすが、色の違いだけでなく、そのメカニズムがちょいと違います。

みなさん、ご存知の通り、葉っぱにはクロロフィル(葉緑素)が含まれており、これが緑色の元でごぜーます。クロロフィルは光合成を行う際、赤と青の光を吸収し、緑の光を使わないので、葉っぱは緑に見えるわけです。なぜ植物が緑の光を利用しいのかは、僕は知りませんけど、何か理由があるんでしょうね・・・。(^^;

まず、黄葉のメカニズムですが、イチョウなどの黄色くなる葉は、元々、黄色素のカロテノイドを含んでいます。しかし、夏場は葉緑素の量が勝っているので、葉が緑色に見えるわけです。これが、秋になって、日照時間が短くなり気温が下がってくると、光合成の効率が落ちてきます。そうなると、新たに作られる葉緑素が減っていくと同時に、既存の葉緑素が分解されていくため、緑が消えて、元々あった黄色が浮かび上がってくるって感じが、黄葉のメカニズムでやんす。(^^;

これに対して、紅葉では、アントシアニン系の赤色素は、元々、葉には含まれておらず、新たに合成されるものでやんす。秋になると、落葉の準備の為、枝と葉の間に離層と呼ばれる細胞の層が作られます。この層が、葉と本体との間の栄養素や水分の往来をせき止めてしまいます。その為、光合成によって作られた糖分が葉に溜まり、これが、アントシアニン系の赤色素の元になりやす。それと同時に、緑の葉緑素が分解されていくので、紅くなるわけです。

いずれも、冬場、維持するのが非効率な葉を落とすための植物の前作業なわけで、おもろいですね!!(^^)

安曇野あたりは、夏でも朝夕は涼しいのが、お盆を過ぎると、さらに朝夕は寒いくらいに涼しくなってくるので、それで、気の早い葉が色づいちゃうんでしょうね・・・。

お盆過ぎの紅葉

 

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ