秋の七草すでに勢揃い!!

Pocket
LINEで送る

暑い日が続いていますが、よくよく見ると、既に秋の七草が出そろっていました。
真夏ですが、確実に秋が近づいてきてるんでしょうね・・・。
安曇野はお盆を過ぎれば、あっという間に涼しくなってきますし・・・。

秋の七草は山上憶良が詠んだ以下の2首が由来になっているそうです。
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
「萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花」
上の「朝貌の花」の花が何を指すかはいくつかの説があるらしいですが、桔梗って説が有力なんだそうです。
ちなみに秋の七草で言うナデシコはカワラナデシコのことでやんす。(^^;

ということで、安曇野の真夏に咲く秋の七草でごぜーます。

萩(ハギ)穂高有明にて

萩の花

 

薄(ススキ)松本市四賀にて

ススキ

 

桔梗(キキョウ)穂高有明にて

桔梗の花

 

撫子(ナデシコ)穂高有明にて

撫子の花

 

葛(クズ)乳房橋付近にて

葛の花

 

藤袴(フジバカ)穂高狐島にて

藤袴の花

 

女郎花(オミナエシ)松川村にて

女郎花(オミナエシ)の花

 

Pocket
LINEで送る

YASUKE YAMURA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ